ホーム » アプリ » 仕事効率化 » Epson iProjection
Epson iProjection アイコン

Epson iProjection


3.3.0 for Android
Seiko Epson Corporation

説明 Epson iProjection

Epson iProjectionは、エプソンのプロジェクターにAndroid端末やChromebook※1からワイヤレスで投写できるアプリです。ネットワーク対応のエプソンのプロジェクター※2とワイヤレスで接続して、自身の端末の画面をミラーリング投写したり、端末内の写真・文書ファイル等を簡単に投写することができます。

1) Android端末・Chromebookの画面をワイヤレスでプロジェクターにミラーリング投写できます※3※4。
2) ミラーリング投写中はAndroid端末の音声をプロジェクターから出力できます※5。
3) 端末内の写真・文書ファイル※6をプロジェクターに投写できます。
4) 端末のカメラ映像をリアルタイムで投写できます。
5) プロジェクターの画面に表示されるQRコードを読み取り、お使いのプロジェクターに簡単に接続することができます。※7
6) 複数の端末から同時に並べて投写することができます※8。
7) マーカー機能を使って、投写画面に書き込みを行うことができます※9。
8) リモコンの代わりとしてお使い頂くことができます。

※1 iProjection Ver. 3.2.3からChromebookでもお使い頂けます。
※2 対応プロジェクター: https://www.epson.jp/products/bizprojector/ipj/ をご確認ください。
※3 ChromebookのAndroidバージョンが11の場合、OSの制限によりミラーリング機能はご使用いただけません。その際はiProjection (for Chrome)のご利用をご検討ください。
※4 接続端末やネットワークの仕様により、動画や音声の遅延が生じる事があります。また、一部コンテンツは再生できない場合があります。
※5 音声の出力はAndroid10以降のAndroid端末で使用可能です。Chromebookは非対応になります。
※6 投写出来る写真・文書ファイルは、JPG/JPEG・PNG・PDFになります。
※7 Chromebookは非対応になります。
※8 最大50台まで接続し、4台まで同時に投写することができます。
※9 マーカー機能使用中はイメージ操作(イメージの変更、サイズ変更等)ができません。
※10 ChromebookはかんたんモードまたはシンプルAPでの接続は非対応になります。
※11 ご利用のネットワークでDHCPサーバーが有効な場合、ChromebookのIPアドレスを手動設定しているとプロジェクターの自動検索ができません。

使い方
まず、プロジェクターのネットワーク設定が正しいかご確認ください。
1. プロジェクターの入力ソースを「LAN」に切り替えます。ネットワーク情報が表示されます。
2. Android端末・Chromebookの「設定」-「Wi-Fi」でプロジェクターと同じネットワークを選択・接続します※9。
3. Epson iProjectionを起動し、プロジェクターを選択・接続します。
4. 「画面をミラーリングする」または「写真」「PDF」「Web」「カメラ」から投写したいものを選択すると、プロジェクターに映ります。

「デベロッパーにメールを送信」などでいただいたメールにつきましては、今後のサービス改善などに役立たせていただきます。原則として個別には回答いたしかねますので、あらかじめご了承願います。

スクリーンショットの画像は使用方法の一例であり、実際の仕様とは異なる可能性があります。

Epson iProjection 3.3.0 アップデート

2022-04-04
- ミラーリング中の音声出力に対応。

Epson iProjection Tags

Additional Information

カテゴリー: フリー 仕事効率化 アプリ

公開日付:

Uploaded by: Ahmad Albinhamid

最終のバージョン: 3.3.0Epson iProjection 更新を申請する

Available on: Epson iProjection をPlayストアでダウンロード

動作環境: Android 8.0+

報告: 不適切な内容としてフラグ

 
前バージョン
Discover
コメントをよみこんでいます...
最初のコメントをする。
検索中…